西田季代〜桜の家・かやん

名古屋桜山駅前‘桜の家’&とエステスクール‘かやん’店長西田喜代のブログ。http://kayanconra.com
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< まあ、なんということでしょう・・・ | main | ワイルドスピードユーロミッション6を観てきました! >>
私をいじめてもいい世界で限定2名の人
0
    JUGEMテーマ:趣味


    普段仕事モードだと『どS』と言われる私ですが、
    結構、いじめられるのが嫌いじゃない・・・
    ただし、誰からでもいいというわけじゃない。

    この2人にだけだ。。(という人を見つけました)

    1人目は 「ホウ」さん
    2人目は 「上野」さんだ。

    1人目のホウさん(推定19才 女性 たぶん中国の方)は、コンビニの店員さん。
    最近オープンしたミニストップのバイトさん。
    開店したことを知った時は
    うれしかったです。
    そしてお気に入りの「ソフトクリーム」を頼んだのです。

    ホウさんは、日本語が上手いのですが、細かい事は適当に聞き流しているようで、
    いつも私のソフトクリームに、上に蓋のようなコーンがついているのです。
    最初『えっ!』と思ったのですが、
    こんな小さな事で、ぶつぶつ言うのもかっこ悪いな、と思って、
    そのまま、もらいました。
    ミニストップのソフトはただでさえ小さい。コーンからはみ出ない程度の量が
    適量です。

    ただ、コーンの蓋は食べるとすごくお腹いっぱいになるので、
    私は食べません。
    そうするとそこにクリームがついて、2/3くらいの量になってしまう。

    なんとなく、完全燃焼できなくてまた1週間後に行ってみました。
    今度は「そのままで、下さい」と言い添えてみた。
    結果は、また同じ蓋付き。
    あれ、私の日本語があいまいな表現なのかな?

    ・・「すぐ食べます」
    ・・「ソフトクリームの蓋はなしでいいです」
    ・・「ソフトクリームの蓋はなしでいいです(蓋のジェスチャー付き)」などさまざま試みたのですが、いつもきっちり蓋がついている、、、
    先日、ホウさんが、サラリーマン風の人にソフトクリーム蓋なしを出しているのを見ました!
    その日私は蓋つきでした。。。
    (あ。。。ほうさん、できるんだ、蓋なし、、、)
    もう、あきらめよう、、、、、、
    いつも蓋付きだと、ちょっとがっかりするのですが、
    最近はちょっとがっかりしにミニストップに足が向きます。
    とくにイライラした日です。毒を持って毒を制す、、、、、そんな日です。


    もう一人は上野さん(推定60歳男性)
    うちの小鳥の里親であり、小鳥店を営むご主人、、、最初は当然リスペクトしていた
    関係なのですが、、、、
    私の小鳥への多すぎる愛情を拒否するのです!!
    大きい鳥かごを注文したら、、、
    上野さん『何羽おるの?』と聞かれ
    わたし『1です』と答えると、
    上野さん『それならこんな大きいのいらん。これでいいよ(すごく小さいかご)』
    わたし『その位のは、あるんです。時々大きくのびのびさせたいじゃないですか。別荘です』

    上野さん『・・・・いらん・・』
    わたし『むむ、、、、でも買います』
    その後、上野さんは、いろいろぶつぶつ言うのですが、私は強い意志を持って
    話を聞かないようにしています。
    それにしても上野さん極端!
    『最近、」鳥に名前とかつけとる人までおるだわ・・』とおっしゃる。
    え!小鳥店の人の言葉か!!正式姓名も、ニックネームも、鳥のテーマソングも作曲作詞したわ!愛情たっぷりしとるわー!と反攻したくなるけど、大事な店なんで、言い返しません。
    ただ、鳥が病気になると、「なんで連れてこんの!」とやさしい。
    小さな相談にものってくれる。

    もう、こんな事いったら、絶対上野さんの反応は冷たいだろうって話をしに行きたくなる。
    『ついつい鳥かごから出しちゃうんです。出せ出せってうるさいから!』
    そういって上野さんの顏を見ると、、、、やはり!しめしめ!
    『はあ〜〜〜〜』って呆れた顔をしている!


    そんなわけで、私はいじめられたくなるとこの2人に会いに行きます。

    『いじめ』は いじめていい人、、いじめて良いタイミングがものすごく限られてると思う。

    他人にそれがわかるわけもなく、、それ以外の人がいじめてきたら、、、、、
    わたしの場合・・・・

    『一生うらみます』
    『1000倍返し!』という事になる。

    私は、弱くないし、理不尽な事が嫌いだから、特に誰もいじめてきませんが、
    おとなしい弱弱しい小学生や中学生が、私みたいに なるかもしれない。

    いじめてる人は、覚悟ができているんだろうか。
    一生恨まれること・・・
    自分、家族、ペット、将来に1000倍返しされること・・・・

    皮肉や責める言葉・・浮かんでくる人は得意げですが、
    周りの常識人はちゃんと、みてます。
    責める事をがまんできずに、垂れ流してる人も、、、
    理不尽な事も誰かの為に言葉を飲み込んでがまんしてる人の事も、、、ちゃんと見てます。

    『いじめ』は、誰にも許されることじゃないのです。

           ・・・・・ホウさんと、上野さんは、と・く・べ・つ



    | にしだ | 癒し | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    url: http://nishida.kayan.pupu.jp/trackback/1056882