西田季代〜桜の家・かやん

名古屋桜山駅前‘桜の家’&とエステスクール‘かやん’店長西田喜代のブログ。http://kayanconra.com
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
まあ、なんということでしょう・・・
0
     るるるるーーーるーーるーーるーーーるるるるる
    るるるーーーるーーーるーーーるーーーーー♪

    このフレーズでピンときた方、かなりの「大改造ビフォアアフター」ファンですね。

    今日は名古屋市昭和区のイタリアンな豪邸をご紹介いたしましょう!!!


    これでーーーす☆
    じゃじゃーーん


    イタリアンタイルにぴったりの木目調、ステンレス調のボディーがシャープな雰囲気です。
    こんな感じで使います!!

    これは、憧れのVISON社の鳥かご専用テーブルなのです!ついに買いました!!
    この広告をみて↓ずっと憧れていて、やっと購入の決心を!!

    届いたら、なんと組立でした!!
    一瞬「えーー面倒!!」と思いましたが、がんばりました!
    ねじを50個は取り付けました!!!手が痛い!
    途中でちょっと投げやりになり、戸がちょっと立てつけが悪くなりましたが、まあ、、いいです。これも匠ならではのご愛嬌です。
    このテーブルをサンルームのこの場所にセットしました。

    この家を「シャトー」と名付けております。



    鳥かごのドアを開けると、、、、、
    まあ、なんということでしょう!!!!
    扉を、通るとそのまま、露天風呂のある水場に直結です。
    もう、これから、寒い廊下をとおってお風呂にいくストレスから解放です。

    そして、匠の心意気、お風呂は、ノリタケカンパニー製のグラタン皿です。
    以前は、匠が2つそろえていたグラタン皿は、もう、最近一つで十分♪
    これからは、ここで、第二のお風呂としての役割を担います。

    次に別宅。

    ここは、「パティオ」と名付けており、ちょこちょこ休憩しながら、食事を
    したり、風呂に入ったりして楽しみます。

    大小2つそろえたお風呂は、どれに入るかは、その日の気分しだい。
    いつでも入れるように、匠自ら毎日セット。
    これはキッチンの調理台の隅にあります。大理石の調理台です。
    文鳥が風呂からあがったほてったカラダを大理石が、クールダウンします。

    そしてこちらは、オシャレなお年頃の鳥に必要な「パウダールーム」
    ぴかぴかのドアノブが 文鳥の止まり木と全身鏡にぴったりです♪


    全身鏡の前でいつも、毛づくろいをかかしません。
    これで、いつ出会いがあってもカッコいいです。
    また、鏡に写った姿と、おしゃべりしている時もあります。
    とても楽しそうです。
    これで一人暮らしの寂しさからさようならです。

    そして、ここが、本宅の「パルテノン」です。
    ローマ遺跡風の脚がついております。夜はいつもここで寝ています。
    かごの専用黒いカバーもあります。毎日しっかり良質の睡眠をとってほしい
    という匠の思いやりです。




    鳥も大喜びで、大浴場で爆浴!!!
    匠は、、するかと思いきや、
    3個あるお風呂に入らず、
    なななんと、「本宅」の飲用水ケースに狭々入って、行水!!!お尻まで入らず、
    ぎゅうぎゅう詰で、行水!!

    な、な、なんで!!!!
    匠がっくり!

    「こらこら、そこは、違う!!!」・・・
    ・匠のさらなる探究は続きます!!

    TVのビフォアアフターでも、ほんとは、こんなもんなのかしら・・・


    | にしだ | 文鳥ブログ | comments(0) | trackbacks(0) | - |